毎日を笑って過ごそう! 『口角アップ美容法』についてのご紹介

☆『口角アップ美容法』についてのご紹介☆

忙しい毎日を過ごしている中、
皆さま、沢山笑っていますか?

楽しいこと、面白いことがあると口元が緩み、自然と笑顔になるかと思います。

人は笑顔になる際、頬や口の両わき(口角)が上がりますが、
この口角が上がることによって、
様々な美容効果があると言われています(^^)

皆さま、ご存知でしたか!?

口の回りに連動する頬の筋肉の動きが良くなることで、
血行が改善され、お肌へ供給される栄養分が多くなるのです!

顔の表情筋が鍛えられることから、
お肌全体を引き上げる力が増し、
若々しいハリのあるお肌に近づいていくのです!

また、口角が上がることは、

な・な・何と!! 『脳の活性化』にも繋がっているのです!

心に安らぎを与えるセロトニン(別名しあわせホルモン)が
分泌され、心身の安定にも繋がるというのです(^^)

加齢と共に顔の筋肉は弱くなり、
口角が下がって暗い印象をもたれるだけでなく、
美容と健康にも大きな影響を与えますので、
意識して…笑顔を増やしていきたいところですね!

『笑う門には福来る』の言い伝えどおりですね!

美容にも健康にも関係があるわけですから(^^)

では早速、やってみましょう!

『口角アップ美容法』を紹介されているサイトは沢山あり、
中には口を閉じたり、
あごを引いた状態をキープするストレッチ法もありますが、

一番重要なのは!!

★頬の筋肉を上げる
★口角を引き上げる  この2点です!

◆道具を使わずに、鏡の前で口角アップ法

「い」と喋る際の口の形から、
頬と口角を上げるように意識すると良いでしょう。

横に口角が広がってしまう方は、斜め上に引き上げるよう意識してみましょう。

引き上げたあと、その時の表情を5秒間キープします。

次に、「う」の口を行います。
「ウ~ッ、マンボ!」の「う」です(^o^)

唇を前に突き出す感じで、これも5秒間キープします。

「う」が終わりましたら、再び「い」を行い、
この3つの運動を1セットとしまして、3回~5回行います。

◆割り箸を使った口角アップ法

割り箸を口に咥え、口を「い」の形にした後、口角を引き上げます。
口角を割り箸の横のラインよりあげることがポイントです。

引き上げたまま、30秒間その表情をキープします。
これを1日3回くらい行います。

※ご注意!
普段からあまり表情が変わらない方は、顔の筋肉が弱くなっている可能性があります。

この状態で、上記の『口角アップ美容法』を行うと、
表情筋が痛くなる場合があります。

所謂、筋肉痛です。

筋肉が痛む状態での美容法は逆効果の恐れがあり、注意が必要です。

時間や回数を短くしたり、間隔を空けたりするなど、
その時の状況に合った美容法をお試しください。

上記は口角アップ法の一例です。
もちろん、なにか面白いことがあった時などに、
自然に笑みがこぼれ、心も豊かになることが理想です。

コメディー番組を見たり、楽しいことをしたりして、
ずっと笑顔でいたいものですね!